【新連載】天体撮影のトリセツ【第一回】

天体撮影の魅力

2017.08.09
トリセツ編集部/山口千宗
東の空に昇る天の川のアーチ。|24mm F2.8 30秒 ISO3200 パノラマ合成
東の空に昇る天の川のアーチ。
24mm F2.8 30秒 ISO3200 パノラマ合成

みなさんこんにちは。
「きれいな星空は、好きですか?」

夜明け前の満月とムーンロード。|
135mmF2.0   F2.0 1/6秒 ISO800
夜明け前の満月とムーンロード。
135mmF2.0 F2.0 1/6秒 ISO800

ほら。「月がきれいですね」

満天の星、暗闇を照らす輝く月。
都会の喧噪を離れ星空の下に身を置くことで、あなたの心はいくつもの感動に満たされることでしょう。

その美しさと体験を「写真」に残してみませんか?

宇宙との出会い、自然との触れあい、大切な人と過ごした時間。
眼に映る映像と心に刻まれた思い出を、世界でたった一枚のあなただけの「写真」に。

はじめまして。天文リフレクションズ編集長の山口千宗(ちひろ)です。

この連載では、あなたをこれから天体撮影の世界にご案内します。
私たちの頭上できらめく天体たちをより楽しむ方法や、より美しく写真に残す方法を、ひとつひとつ解説していきます。

必要なものは、美しさを感じる心とほんの少しの準備、そしてこの「天体撮影のトリセツ」をお読みいただく根気だけです。

さあ、一緒にはじめましょう!

星空体験の魅力

冬から春の星座。彩度を落として肉眼で見た印象に近づけています。|
24mm F2.8 2分*10 ISO3200 パノラマ合成
冬から春の星座。彩度を落として肉眼で見た印象に近づけています。
24mm F2.8 2分*10 ISO3200 パノラマ合成

満天の星で埋めつくされた夜空は、光の織りなすファンタジーの世界。
星空に触れるひとときは、日常生活のストレスから解放された癒しの時間です。
また、輝く一つ一つの星は、光でさえも何十年、何万年とかかるようなはるか遠くの宇宙空間から届いたもの。そんな宇宙の壮大なスケールに思いを寄せるとき、自分というちっぽけな存在に逆に勇気を与えてくれます。

襟裳岬の月と金星。激しい風と波音、潮風が口の中まで入りまさに五感総動員。|
15mm F2.8 6秒 ISO3200
襟裳岬の月と金星。激しい風と波音、潮風が口の中まで入りまさに五感総動員。
15mm F2.8 6秒 ISO3200

星空の下で自然に向き合う体験は、「眼で見る」だけのものではありません。波の音、動物の鳴き声。森や草の香り。ほほを撫でる風。人間のもつ感覚全てを動員した体験なのです。



山口千宗
【天文リフレクションズ/山口千宗】

日本唯一の?天文ファンのための全方位キュレーションサイト/その編集長。 天文ファン500万人化を目指して日々絶賛情報発信中。五感で感じる星空体験がモットー。天文宇宙検定2級。夢はベテルギウスの超新星爆発を見届けること。