【CP+2019レポート:第3回】オリンパス・シグマ・その他編 (1/3)

2019.03.17
トリセツ編集部/荻窪圭
CP+2019レポート
カメラメーカーのトリセツ キヤノン編 カメラメーカーのトリセツ ニコン編 カメラメーカーのトリセツ ソニー編 カメラメーカーのトリセツ オリンパス編 カメラメーカーのトリセツ 富士フィルム編 カメラメーカーのトリセツ パナソニック編

CP+2019レポート
オリンパスとケンコー・トキナーとProPhotoブースの間で
THETA Vで撮影した全天球写真から作成したリトルプラネット画像。

さてCP+2019最終回はオリンパスとシグマ、そしてそれ以外のブースをチェックしてみましょう。

会場案内図でいうと、内側のブース群ですね。

CP+2019レポート





マイクロフォーサーズの雄「オリンパス」はフラッグシップのE-M1X

CP+2019レポート
オリンパスのメインステージはE-M1Xの体験コーナー。機動力を前面に。

フルサイズ系ミラーレスが話題の中、オリンパスはマイクロフォーサーズ一筋です。さすがマイクロフォーサーズの雄。

全部並べると、小さくてコンパクトで取っつきやすいPLから大きくてゴツい信頼性のE-M1Xまで、同じセンサーとは思えないバリエーションが魅力です。

CP+2019レポート
オリンパスのデジタル一眼群。E-M1 Mark IIが入っていないけど。
同じマウントでこのバリエーションは魅力。

特に最新のE-M1Xを中心に展開。E-M1Xの連写や手ブレ補正の強さをメインにアピールしていました。

E-M1Xはオリンパスのフラッグシップモデルでボディは大きくて重いのですが、最強の手ブレ補正と最強の頑丈さ(防塵防滴耐衝撃)を誇るプロ機です。

ブースの奥では個々のテクノロジーについて実演解説。

マイクロフォーサーズはセンサーサイズが小さめですが、それが利点にもなっています。大事なのは、必要な機材を身体への負担を最小限にして持ち運ぶことができ、過酷な環境でも壊れずにちゃんと働き、シャッターチャンスを逃さず、ブレやピンボケによる失敗が少ないことですから。

CP+2019レポート
E-M1Xの最強の手ブレ補正をブレ発生機を使ったデモ。
E-M1Xはボディが大きくて安定感があるのでよりブレにくい。

まあ、そういうカメラです。

奥へ入ると、エントリー向けのE-PL9もしっかり展示。

CP+2019レポート
ナニゲに人気のPEN。今年はまだ新型が出ていないので寂しいところではあります。

オリンパスの製品ではありませんが、スカーフみたいなストラップ「サクラスリング」も一緒に展示されていました。

CP+2019レポート
オリンパスブースでPENと一緒にサクラスリングも展示。女性を中心に人気のストラップ。

これ、実はわたしも発売当初から愛用しています。布がスカーフのように広がるので首から提げたときにすごく軽く感じるんですよ。それがよい点。

さて、バリバリの新製品では、2020年発売予定になっているプロ向けの超望遠ズームもケースの中で回っていました。

150-400mm(35mmフィルム換算だと300-800mm)という超望遠ズームです。マイクロフォーサーズは望遠で有利、ってことで超望遠を出してくるようです。

CP+2019レポート
参考出品の150-400mmでテレコン内蔵というプロレンズと2xのテレコンバーター。

もうひとつ、オリンパスといえばカスタマイズのコンセプトモデル。

今年は「OM1を現在に復刻」と題して、往年の名機OM-1(1973年)のデザインをコンセプトにトップカバーなどに真鍮を使い、デザインも当時のカメラをベースに、中身はE-M10 MarkIIで実際に稼働するモデルを作成して展示。

CP+2019レポート
真鍮を使ったOM-1ライクなOM-D。

マニアックな人々の注目を浴びていました。真鍮って独特の質感があり、使うほど風合いが出てきてよかったんですよねえ。



荻窪圭
【デジカメライター 荻窪圭】

老舗のデジタル系フリーライター兼カメラマン。パソコン雑誌のライターだったが、今はカメラやスマホが中心、ときどき猫写真家になる。「iPhoneカメラ講座」「這いつくばって猫に近づけ」など連載中。近著は「東京古道探訪」。歴史散歩ガイドもやってます。