【CP+2017特集 Vol.5】PENTAX KP【トリセツ×ギュイーン徳川×荻窪圭】

2017.03.03
トリセツ編集部/荻窪圭ギュイーン徳川
MC:スイスイ株式会社 動画マーケティングディレクタ ギュイーン徳川
解説:デジカメライター 荻窪圭

ギュイーン: さあ、PENTAXブースです。注目の機種は「K-P」ですよね。ISO感度が80万以上になるということで、もうちょっとどういう所で使うのかわからないんですけど、荻窪さんどうなんでしょう?

荻窪: ハハハ、「K-P」というのはPENTAXさんの新しいシリーズでエントリー向けよりちょっと上、それで実は使い勝手がいいんです。

PENTAX KPを持つ

ギュイーン: 使い勝手がいい?

荻窪: 感度の前にですね、このクラスでダイヤルが三つある。三つめのダイヤルが特別なファンクションを切り替えるので、これがあるだけですごく使い勝手がいいんです。それで多分マニアックなユーザーさん、たまらないですコレ。絵作りモノがすごく細かくできるので。

ISO感度優先モード

荻窪: それでなおかつ今話題の超絶の…

ギュイーン: ISO感度…

荻窪: 見てもらうのが一番早いですね。実はPENTAXさん「ISO感度優先モード」というすごいモード持っているんですよ。

ギュイーン: 「ISO感度優先モード」…(笑)

荻窪: 今ここにISO感度出てますよね。いきます!819200!

ギュイーン: ハハハハハ!

PENTAX KPの説明

荻窪: これ「暗すぎてピント合わないだろう」というレベルで。まあ、さすがに普段から撮るには画質がかなり荒れるので辛いんですが、いざという時に感度を上げられることはすごい心強い味方になります。

ギュイーン: どういうところに使いたいですか、このカメラ?(笑)

荻窪: 犯罪にはならない範囲で言うと、夜の動物を撮ったりですとか。

ギュイーン: あーーー、ハイハイ、なるほど、なるほど(笑)。

荻窪: あとは暗い室内など、どうしても明るくできない場所だったりとか。

PENTAX KP外観

ギュイーン: それから、グリップを付け替えられるんですか?

荻窪: グリップ部を付け替えることで、深く握りやすいグリップや軽くて手が小さくても持ちやすいとか、また見た目がシンプルであったりとかあります。結構細かいところにこだわっているのがPENTAXさんの面白いところなんです。






ギュイーン徳川
【動画マーケティングディレクタ ギュイーン徳川】

2011年「ビデオデザイナー」を名乗り、YouTubeに動画投稿開始。歯に衣着せぬ関西弁のレビューとクオリティの高い編集が人気を呼ぶ。2015年、YouTube動画を通じて松岡宏行と出会いスイスイ株式会社の動画マーケティングディレクタに就任。


荻窪圭
【デジカメライター 荻窪圭】

老舗のデジタル系フリーライター兼カメラマン。パソコン雑誌のライターだったが、今はカメラやスマホが中心、ときどき猫写真家になる。「iPhoneカメラ講座」「這いつくばって猫に近づけ」など連載中。近著は「東京古道探訪」。歴史散歩ガイドもやってます。