【動画レビュー】

動画撮影に必須!話題のラベリアマイク4機種を徹底比較 (1/2)

2018.05.02
トリセツ編集部/ろあ

トリセツご覧の皆様、こんにちは、こんばんは。トリセツライターのROAです。

ここ最近スマートフォンの普及で、ある「光景」が見られなくなってきました。

公園で父親が子供の写真や動画を撮ったりする時、昔はビデオカメラやコンパクトデジタルカメラを使っていましたよね。今では高画質の撮影が可能なスマートフォンが多く出回るようになり、こういった撮影ではほとんどスマートフォンを使うという方が多いのではないでしょうか。

確かに今のスマホは明るいレンズで暗所にも強く、手ぶれ補正やスローモーション撮影もできるので、普段からカメラ代わりに使われている方も多いと思います。

ですが、やはりどうしても「音質」についてはまだまだといったところ。

例えば公園でお子さんを撮影する際、遠くに行ってしまって声が録れなかったりしますよね。そんな時に便利なのが、「ラベリアマイク」。つまり、ピンマイクの活用です。

本日はオススメのピンマイクを4つ用意致しましたので、その「音質比較」をしてみたいと思います。

ラベリアマイク

音質の比較として、

1、どのように録れるのか

2、ホワイトノイズ

3、擦れ音

を、それぞれチェックしていきたいと思います。





比較マイク4機種の紹介

まず本日比較するマイクのご紹介をしましょう。

ZOOM フィールドレコーダー F1-LP

ZOOM フィールドレコーダー F1-LP 参考価格:24,300 円

特徴:最大の特徴は10ピンコネクターがあるのでZOOMの全マイクを使用可能なこと。シーンに合わせて自分好みのマイクを装着できるのは嬉しい。また、オーディオインターフェイスとしてPCで録音可能。さらに、別売りショックマウント装着してカメラの外部マイクとして使用することもできる。

※本文内の価格情報は2018年5月1日時点でのAmazon.co.jpの価格です。


ZOOM フィールドレコーダー F1-LP
指向性 記録 カラバリ バッテリー
無指向性 microSDカード ブラック 単4電池×2、ACアダプター(AD-17)、USBバスパワー


TASCAM ピンマイクレコーダー DR-10L

特徴:今YouTuberの間で一番人気のピンマイクではないでしょうか。本体はベルトやカバンに装着することができ、操作もシンプル。高音質でマイクケーブルも長いため、なるべくマイクを隠しておきたい方にはおすすめ。

※本文内の価格情報は2018年5月1日時点でのAmazon.co.jpの価格です。


指向性 記録 カラバリ バッテリー
無指向性 microSDカード ブラック/ホワイト 単4電池×1


SONY ステレオICレコーダー ICD-TX800

特徴:マイクケーブルが体にまとわりつくのが苦手な人にはおすすめ。クリップ式で手軽に取り付け、録音ができる。

ピンマイクというよりICレコーダーの部類に入るが、今回一緒に検証していきます。

※本文内の価格情報は2018年5月1日時点でのAmazon.co.jpの価格です。


指向性 記録 カラバリ バッテリー
記録 16GB内蔵メモリー ブラック/ホワイト マイク側は「充電式」、リモコンは「ボタン電池」で駆動。


SONY ワイヤレスマイクロホン ECM-AW4

特徴:ワイヤレスマイクなので、カメラにレシーバーを取り付けるだけ。煩わしいマイクケーブルなしで録音できるのは魅力。レコーダーとマイクでインカムとして利用も可能。

※本文内の価格情報は2018年5月1日時点でのAmazon.co.jpの価格です。


指向性 記録 カラバリ バッテリー
記録 外部マイクとして接続 ブラック マイク側、レシーバー側で単4電池×2



ろあ
【ろあ:UCHICAFE ROA'S CHANNEL】

自宅でカフェを作るべく、DIYしながら「うちカフェ」を作りました。 コーヒー器具の紹介や、焙煎、時にはレザークラフトなどカフェのワークショップで行われそうなクラフトも取り入れたYouTubeチャンネルを運営してます。