【2018年版】

いまどきのオススメWi-Fiルーター5選

2018.11.09
トリセツ編集部/谷口有威
炊飯器

いまやスマートフォンは一人一台が当たり前のような時代。それに加えて、一家に一台無線LANルーターというのも当たり前になってきているのではないでしょうか。

また、現在Wi-Fiルーターを使用している人の中にも、通信の安定性が悪いとか速度が遅くなってきたという理由から、買い替えを考えている人がいるかもしれません。

最近のWi-Fiは、中継器を使用することで、速度や通信範囲の問題を解消しています。今回はオススメのWi-Fiルーター5選を紹介しますので、購入や買い替えの参考にしてみてください。


NETGEAR Orbi Micro スターターキット RBK20-100JPS

規格 IEEE802.3ab/i/u
IEEE802.11ac/n/a/b/g
周波数範囲 2.4GHz/5GHz
アンテナ 内蔵×6 重量 890.5g

トライバンドメッシュWi-Fiシステムで自宅を快適な通信環境に

デザイン機能性ともに優れており、大人気のWi-Fiルーター。メッシュWi-Fiによりサテライト機器を中継することで、家の中でルーターから離れても通信が途切れなくなります。中継に使われる周波も専用のものでトライバンドにすることで、通信速度の低下も防いでいます。コンパクトなサイズ感や、専用アプリによる管理などすべてがスマートなルーターです。

※本文内の価格情報は2018年11月5日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

バッファロー AirStation スターターキット WTR-M2133HP

規格 IEEE802.11ac/n/a/b/g 周波数範囲 2.4GHz/5.2~5.7GHz
アンテナ 内蔵×4/外付け×2 重量 970g

近未来を思わせる独創的なデザインに秘めた高性能

サテライト機器によるメッシュWi-Fiと、トライバンドの通信システムでストレスのない快適な環境を家全体で実感できます。一部外付けアンテナとして指向性の高いアンテナを独立させることで、規格最大値の速度に近い高速な通信を可能にしています。また家電などの電波ノイズを回避する機能や、通信の混雑状況を判別するバンドステアリングといったさまざまな機能が盛り込まれています。

※本文内の価格情報は2018年11月5日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

IODATA WN-AX1167GR2

IODATA WN-AX1167GR2 参考価格:5,875円
規格 IEEE802.11ac/n/a/b/g 周波数範囲 2.4GHz/5GHz
アンテナ 内蔵×2 重量 250g

コスパに優れたシンプル設計で、MU-MIMOに対応

MU-MIMOは複数台の端末が同時にアクセスしても、速度を低減させることなく通信することができます。危険なサイトのアクセスを制限する機能や、特定の時間だけ通信可能にするペアレンタルコントロールなどは、お子様のいるご家庭にとって助かる機能ですね。また電波の死角を生じさせない360度コネクトで、安定した接続状況を維持しています。

※本文内の価格情報は2018年11月5日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

ASUS ROG Rapture GT-AC5300

ASUS ROG Rapture GT-AC5300 参考価格:45,980円
規格 IEEE802.11ac/n/a/b/g 周波数範囲 2.4GHz/5GHz
アンテナ 外付け×8 重量 1880g

VRゲーミングから4Kストリーミングにも最適な高機能Wi-Fiルーター

一般的なメッシュWi-Fiを上回る性能の『AiMesh』、強力なネットワークセキュリティ、トライバンドの専用帯域による高速通信などが特徴です。もちろんゲーミングに特化した通信経路の確保や、最大パフォーマンスを引き出す1.8GHz/64bitのクアッドコアCPUを搭載しています。価格もそれなりですが、機能に不足のないハイスペックルーターです。

※本文内の価格情報は2018年11月5日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

ティーピーリンク AC2600 MU-MIMO RE650

規格 IEEE802.11ac/n/a/b/g 周波数範囲 2.4GHz/5GHz
アンテナ 外付け×4 重量 不明

Wi-Fiの繋がりにくい死角を解消するハイエンド中継器!

MU-MIMOによる複数同時通信やビームフォーミングによる強い接続状態の維持といった、Wi-Fiの新しいテクノロジーをたっぷりと詰め込んでいます。互換性に優れており、いろいろなWi-Fiルーターの中継器として機能します。またイーサネットケーブルを接続して高速なギガビットと切り替えることも可能です。不安定なWi-Fi環境に悩まされている人におすすめしたい製品です。

※本文内の価格情報は2018年11月5日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

まとめ

少し前までは無線LANルーターは単体で機能しており、その通信範囲には悩まされていたかもしれません。それが今ではは中継器、あるいはサテライトの登場によりよりシームレスで快適な通信環境に変わりましたね。通信速度は速いけど障害物に弱かった5GHzの周波数域も、屋内の部屋や階数が離れていても使いやすくなりました。

高密度なPCゲーム、4Kや8Kといった高精細動画などを利用することで、一世帯あたりの通信量はどんどん大きくなっています。一度自宅のWi-Fiを見直してみると、通信環境が向上するかもしれません。




谷口有威
谷口有威

コーヒーとカメラが好きなブロガー。作家を目指して日々、好きなことと新しいことを楽しんでいます。将来の夢はアルパカを飼うことです。