【新4K衛星放送スタート】

4Kチューナー内蔵テレビ&4K対応チューナー6選

2018.12.16
トリセツ編集部/谷口有威
SHARP

家庭のテレビはどんどん進化していき、いまや4Kテレビを知らない人も少ないでしょう。さらに高精細な8Kなんてものも登場しています。

しかしここまで4Kが一般的に認知されてきているのに、実は4Kテレビにはチューナーが必要なものと、すでにテレビにチューナーが内蔵されているものがあることを知らない人は多いかもしれません。

今回は、すでにテレビにチューナーが内蔵されている4Kテレビと、4K対応のチューナーについてまとめました。

12月1日から新4K衛星放送が開始されています。この機会に、合わせてチェックしておきましょう。


東芝 REGZA 65X920

東芝 REGZA 65X920 参考価格:461,592円

4K+有機ELの超高精細フラッグシップモデルのテレビ

REGZAのX920シリーズは、液晶パネルではなく、有機ELを採用。そのため、より鮮明でコントラストのはっきりした映像を楽しめます。とくに暗部の黒再現が美しく、映像に高級感があります。

昨日の番組がすぐに見られるタイムシフトマシン、USBハードディスク録画、地デジとBSのW録画など、便利な機能も満載です。有機ELレグザオーディオシステムにより、低音域から高音域までクリアで臨場感あるサウンドを体感できます。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

東芝 REGZA 55BM620X

東芝 REGZA 55BM620X 参考価格:127,600円

4K映像が当たり前の時代だから、音質で勝負する

透明感あるサウンドを再現するクリアダイレクトスピーカー、奥行きと広がりのある重低音バズーカウーファーで音質に差をつけます。強そうな名前が並んでますね。

重低音やイコライザーの調整、スピーカーではなくテレビ画面そのものから音が聞こえてくるような補正技術などもあり、4K高画質に加えて高音質なリスニング体験まで実現します。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

シャープ AQUOS 4T-C60AN1

シャープ AQUOS 4T-C60AN1 参考価格:214,762円

AIoTがテーマのシャープならではの4Kチューナー内蔵テレビ

視聴や録画した番組からその人の好きな傾向を学習していくCOCORO VISIONは、AQUOSならではのAI機能です。高画質に加えて豊かな色彩描写のリッチカラーテクノロジー、一般の規格よりも優れた輝度情報で明暗部もリアルに再現します。

Andoroid TV搭載により、Googleアシスタントを利用できたり、動画配信アプリのコンテンツを楽しむこともできます。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

三菱電機 LCD-A58RA1000

三菱電機 LCD-A58RA1000 参考価格:290,000円

4Kチューナーに加えてハードディスクとブルーレイレコーダー内蔵

4KチューナーとHD、ブルーレイレコーダーまで搭載したのは業界初だそうです。無線LANまで内蔵しているのでYouTubeなどネット動画も再生でき、まさにこれ1台で何でもできるテレビ。

ハードディスクは2TBと大容量なので、4K番組もたっぷりと録画することができます。三菱電機のテレビでも特徴的な機能で、テレビを見やすい角度に調整できるオートターンも人気です。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

パナソニック 4Kチューナー TU-BUHD100

ビエラで4K放送を楽しむのに必須の4Kチューナー

Panasonicは2019年1月に4Kチューナー内蔵のテレビを発売すると発表していますが、現状の4K対応テレビにはチューナーが必須となります。別売りのUSBハードディスクに4K放送の番組を録画することが可能。また、4Kビエラのリモコンで操作ができるので、リモコンの使い分けは必要ありません。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

SONY 地上・BS4K・110度CS4Kチューナー DST-SHV1

ブラビアを4Kで視聴するならこれ!!

SONYのブラビアを4K映像で視聴するにも専用のチューナーが必要です。裏番組録画機能やブラビアのリモコンで操作ができる機能など、機能的には他社と差はあまりありません。しかし、SONYのチューナーはデザインが洗練されています。シャープでシンプルなデザインはどんなインテリアにもなじみそうですね。大容量の外付けハードディスクにも対応しています。

※本文内の価格情報は2018年12月12日時点でのAmazon.co.jpの価格です。

まとめ

12月から新4K衛星放送が始まり、さらに年末年始も目前というこの時期は、財布のひもも緩みやすいころ。お正月に家族で楽しむために、テレビの買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか。

4K専用のチューナーは各社から発売されていますので、4K対応テレビをすでにお持ちの方はこれからが買いどきですね。今から4Kテレビを検討される方は、4Kチューナー内蔵テレビの方が失敗も少なく便利かと思います。

年末年始の特番が今から楽しみですね!!




谷口有威
谷口有威

コーヒーとカメラが好きなブロガー。作家を目指して日々、好きなことと新しいことを楽しんでいます。将来の夢はアルパカを飼うことです。