【MAMORIO】Amazon Launchpadで最も売れた商品はコレ。身の回り品の「なくす」は本当になくなるの?

2017.07.04
トリセツ編集部

はじめまして、トリセツライターの「そうていのはんいない」です。

今回から、この「トリセツ」で記事を書かせていただくことになりました。ハンドルネームは「そうていのはんいない」です。
よろしくお願いいたします。

さて、春の訪れから時が流れ、街には夏の匂いが漂ってきています。
新入生・新入社員のみなさんも、新しい環境に少しずつ慣れてきたんじゃないでしょうか?

ええ?こんなブラック会社もうやめたい?

お疲れさまです。
でもね、どこでもいっしょですよ。

わかります、わかります。
会社のブラックな洗礼を受け「こんなはずじゃなかった」感も漂ってるかもしれません。
毎日毎日サビ残して、上司の理不尽に振り回され、同僚に早くも差をつけられたり。
そんなこんなで、ゴールデンウィークでもヌケきれないほどの疲れが溜まってくると、
ついついうっかりが多くなったりします。

例えば、

◯スマートフォンをコンビニのトイレに置き忘れたかもしれない。
◯終電でやっとこ自宅に帰ってきたのに、家の鍵を自分のデスクに置いてきたかもしれない。
◯あわててバスに飛び乗ったら、財布を持ってないことに気づいた。

本当に、お疲れさまです。
今回、トリセツでご紹介するのは、そんな「ついついうっかり」を防止してくれるデバイスです。



「紛失防止デバイス」とは?

その名の通り、ものをなくす、という事故を防止してくれる便利グッズのことですね。
まあ大抵、スマートフォンと連携して、忘れ物とか落し物をインターネット経由で知らせてくれる、というタイプが多いようです。
今回はその中から、こんな製品をピックアップしてみました。

「なくすを、なくす」世界最小クラスの紛失防止デバイス MAMORIO

おしゃれな箱に入っています。開封してみますね。

開封すると、蚊取りマットみたいなのが一つはいってます。とても小さいです。

お守りみたいなカタチだから、マモリオ、なんですね。
素晴らしいネーミングセンスに、エマーク編集長もさぞ悔しがっていることでしょう。

この蚊取りマットを、なくしたくないもの、例えばキーケースとかにくっつけておけば、
そのキーケースが手元から離れたときに、スマートフォンに通知がくる、という、
まあ予想通りのアイテムです。想定の範囲内ですね。

では、セットアップからやってみましょう

まずはスマホに専用のアプリをDLして、

アカウントを作るようです。

ブルートゥースでペアリングするようです。
iPhoneの画面上に本体を置くんですね。すると、

すぐにペアリングが完了しました。ユーザーインタフェイスがとてもおしゃれ。若者が作ったんだろうなぁ。

とりあえず、その辺に転がっていた、すでになんの鍵だったかわからない鍵につけてみる。
縦35.5mmx横19mmx厚さ3.4mmと、おおきさ、重さもほぼ気になりませんね。想定の範囲内。※この鍵はパクられた自転車の鍵だと後ほど気が付きました

専用アプリでは、そのMAMORIOを何に取り付けたのかを、カテゴリーから選んで登録しておくことができます。

こんな感じで写真を撮っておけば、どのタグを何に付けたのか、一目瞭然。



user-image
そうていのはんいない

・恋するデジガジェレビュアー/ウェブライター(ロマン派)
・テキストだけで臭ってきそうな臭いセリフ回しでトリセツライターデヴュー・男・デブ・得意分野はデジモノ・カメラ・電子楽器。・よろしくお願いします。